トップ > 術後12ヶ月 > レーシック手術後12ヶ月目

レーシック手術後12ヶ月目

レーシック手術を受けてとうとう12ヶ月、1年が経過しました。
1年といえば、買った製品の保証期間が切れる時期。

しかし、1年経過した私の眼は、何ともありません。
快適だったと思います。


ちょっと振り返ってみます。


 手術直後は、
   早く明日にならないかな(痛みがあったので)
と思いましたし、
 翌日検診の後は、
   早く一週間が無事に経過しないかな
と思いました。
 要するに、早く自分の眼が安定して欲しい、という焦りのような気持ちが
頭の片隅にありました。


しかし、一週間後の検診を終えてから徐々に安定に向かい、
ドライアイ対策用の目薬を使う頻度が下がっていくと、
そうした気持ちは消えていきました。


眼鏡やコンタクトレンズが不要な生活が当たり前になりましたが、
外に出ると、遠くまでハッキリ見えることの素晴らしさを感じます。


休日のアウトドア、というほど大げさな行動ではなくても、
たとえば、夕暮れ時の町中は、コンタクトレンズ使用の頃よりも
綺麗に見えます。


手術を受けるという決心は、小さな勇気ではなかったけれど、
道具無しにモノを見る、という動物本来の姿に戻れた喜びは、
この1年間で、何度も何度も味わっています。

 

 >>レーシックを受けたところ

 

術後12ヶ月

レーシックの術後12カ月経過したときの体験談やメモです。

前の記事 | 次の記事

レーシック手術後  

関連記事