トップ > 術後8ヶ月 > 知人に勧めたときの話(ドライアイについて)

知人に勧めたときの話(ドライアイについて)

私は、週に一度くらいの頻度で、プールに通っています。
先日、プールで泳いでいて気付いたのは、

   手術後初めて泳いだときに比べて、眼を気にしなくなっている

ということでした。


手術は、眼の一番上の膜をカットする、という手順があるのですから、
そのカットに沿った「傷」が存在していたはずです。


手術直後は、その「傷」を非常に意識していましたので、
プールで泳ぐ際には、プールの水に含まれている消毒用の成分(塩素など)が
「傷」を刺激しないように、とてもきつくゴーグルを装着していました。


ところが、最近では、ゴーグルがズレて眼に水が浸入しても、
気にならなくなっていました。
(気にならなくなっていた、ということに気づいた、ということであり、
 気づこうという意識がなければ、気づけないレベルになっていたということです。)

 

 >>レーシックを受けたところ

 

術後8ヶ月

レーシックの術後8カ月経過したときの体験談やメモです。

前の記事 | 次の記事

ドライアイ  

関連記事