トップ > 術後7ヶ月 > 手術後7ヶ月経過

手術後7ヶ月経過

レーシック手術を受けて7ヶ月が経過しました。

季節は冬。
乾燥する時期、冷たい風が吹く季節になりました。
とはいえ、乾燥注意報が出た日だからといって、
ドライアイだ、と意識することはありません。


手術直後には、目にゴミが入ることを極端に恐れていましたが、
今ではあまり気にしなくなっていることに気づきました。


手術前、コンタクトレンズ(ハードレンズ)を使っていた時には、
風が吹くと、風よけ眼鏡をしたりしましたが、
どうしてもゴミは入ります。
経験者はご存知かと思いますが、非常に痛いのです。
涙がこぼれてレンズが外れたり、ずれたりもします。


眼鏡の代わりにコンタクトレンズを装着しているのに、
結局、風よけ眼鏡を掛けている、という矛盾も感じていました。


今ではそれがなく、快適に過ごせます。


先日の夜、文庫本に夢中になって夜更かしをした際、
ドライアイを感じて目薬を使いましたが、
逆に言うと、その時以外に、ほとんどドライアイを感じなかったのだ、と気づきました。


もう、手術をしたという事実を、身体が忘れるくらい安定してきたのかな、
と思います。

 

 >>レーシックを受けたところ

 

術後7ヶ月

レーシックの術後7カ月経過したときの体験談やメモです。

前の記事 | 次の記事

レーシック ドライアイ  

関連記事