トップ > 術後6ヶ月 > 手術後6ヶ月経過

手術後6ヶ月経過

レーシック手術を受けて6ヶ月が経過しました。
手術直後に「安定してきた、まだ安定していない」等の
「安定」という言葉を、検診の際の医師から何度となく聞きました。

「安定する」というのは、果たしてどういう意味なのか、
ということは、漠然としかイメージできていませんでした。

しかし、6ヶ月を無事に経過した現在、
「だいたい安定した」という言葉を、自分も使って良いのではないか、
と思えるようになりました。

これはドライアイだ、と意識するような症状は確実に減っています。


就寝前の疲れているときや、起床直後などに「見えにくい」と感じることはありますが、
これは、手術前にもきっとあったのだろうと思います。
(「きっとあったのだろう」というように、曖昧になってきていること自体、
自分の中では、手術の前後のボーダーがはっきりしなくなってきた証拠でしょう。)

さて、紅葉の季節ですが、私も紅葉を見に近場を散策してみました。
山々の鮮やかな赤や黄色は、本当に素晴らしかった!

眼鏡のお世話になる前(中学生以前)は、紅葉の素晴らしさなど分からない頃だったとすると、
生まれて初めて、裸眼で美しさを感じた紅葉なのかもしれません。

 

 >>レーシックを受けたところ

 

術後6ヶ月

レーシックの術後6カ月経過したときの体験談やメモです。

前の記事 | 次の記事

レーシック 術後  

関連記事