トップ > 術後3ヵ月 > 術後3ヶ月の検診(4)

術後3ヶ月の検診(4)

4.検診を終えて

レーシックの術後に安定した状態となる目安、とされている三ヶ月を無事に経過し、
ほっとしています。
手術は成功、そして満足度も高いと言えます。


私はパソコンに向かう仕事時間が長いので、
遠くが見えることがそれほど重要ではありません。
近視治療によって近くが見にくくなるのは、むしろマイナスなのかもしれません。

しかし、メガネ無しにパソコンの画面を見ることはできないほどの近眼でしたから、
メガネの重さを顔で支えることなく、裸眼で仕事ができることになり、
快適だと感じています。


電車や飛行機の中で居眠りしてしまったときに、
コンタクトレンズをしたままでは目に良くない
といった心配をしなくてもいい。
(こんな小さなコトでも、満足感があるということです。)


朝、目覚めた時にメガネを掛けなくても天井が見える快適さ、があったらいいな、
と、手術前には意識していました。
そして、その快適さを、今は感じることができます。

道具が無くても遠くが見える「野生動物」に戻れた、という喜びを
時に感じます。

 

 >>レーシックを受けたところ

 

術後3ヵ月

レーシックの術後3カ月経過したときの体験談やメモです。

前の記事 | 次の記事

レーシックの術後  

関連記事